Black Dirt Denim

新たな定番としてラインナップに加わった”Black Dirt Denim”をご紹介。

 

TROPHY CLOTHINGのブランド世界観、そしてアイテムラインナップの中枢を担うアイテムとしてリリースを続けるデニムアイテム群。

 

手に取った瞬間に感じる独特のハンドメイド感を持つ “Dirt Denim” は、ひときわブランドらしさを感じれるアイテムといえるでしょう。

 

国内外からも高い評価を受け、Made in Japanの素晴らしさを代表するプロダクツとして、沢山のカスタマーにご愛用頂いております。

 

数年前の不定期リリースから長らく生産をお休みしていた Black Dirt Denim が、この度復活です。

 

 

 

1bdIMG_9932

 

 

21bdIMG_9943

 

 

 

 

1605BK Standard Dirt Denim

 

1606BK W Knee Standard Black Dirt Denim

 

 

 

縦糸、横糸とも通常より太いムラのある糸を甘めに縒り旧型の力織機、シャトル織機で織ったブラックデニムは独特の素材感があります。

 

ブラック?と一見感じるかもしれません。

 

インディゴブルーと比較してみましょう。

 

bdIMG_5649

 

 

bdIMG_5650

 

 

TROPHYのインディゴブルーは通常より、黒みを強めで独自染色してもらっていますが、ブラックと並べると分かりやすいですね。

 

インディゴブルーと異なる点として、ステッチカラーの違いがあります。

 

 

 

bdIMG_5655

 

 

bdIMG_5654

 

 

オレンジ、ブラウンのダークトーン、ブラックのディアスキンパッチもインディゴと異なる点です。

 

 

bdIMG_9942

 

bdIMG_9950

 

 

 

 

 

この時期アウター類のリリースが続きますが、こんな新定番アイテムのチョイスも気分を変えてくれますね。

 

 

私自身、ネイビーカラーのアイテムを非常に多く所有しているのですが、ブラックデニムと相性が良い事を再発見。

 

このネイビーのアーミーニットは来週リリースの新作。

 

インディゴよりブラックの方が締まります。

 

 

bdIMG_5670

 

 

久しぶりの新品デニム。

気分が良いですね。

 

 

bdIMG_5672

 

 

ライトブルーに色落ちするインディゴに比べ、独特のチャコールグレーに色落ちする姿をお楽しみ下さい。

 

残すところと変えるところ、さらに進化と深化していくStandardアイテム群。

 

 

bdIMG_5659

 

 

bdIMG_5647

 

 

 

1605BK Standard Dirt Denim

 

1606BK W Knee Standard Black Dirt Denim

 

 

ご自身の新たな定番として取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

取扱 Dealer でも商品をご覧いただけます。

是非、店頭まで足をお運びください。

 

オンラインストアにも掲載しております。

 

 

 

 

 

Egawa

DECK NECK WARMER

気温も徐々に下がり始め、アウターなど重宝する季節になってきましたね。

 

本日はこの時期のツーリングに、

欠かす事の出来ない”Deck Neck Warmer“をご紹介します。

 

 

1

 

 

 

Deck Neck Warmer

前回のモデルからアップデートを加え、新たにリリースされたNeck Warmer。

ミリタリーテイストの雰囲気に仕上げ、Khaki,Blackの2色展開となります。

 

 

IMG_5588

 

 

N-1 TR.MFGと同素材を採用し、表地には遮風性と撥水性に優れたグログランピケを、

裏地にはアルパカウール、中綿にシンサレートを挟み込んだ贅沢な仕様となっています。

 

 

IMG_5596IMG_5598

 

 

前回のサイズ調整からもう一つスナップボタンを増やし、幅広く対応出来る様になっています。

2枚パネルにする事で付ける際に立体になり、ストレスなく装着していただけます。

 

 

IMG_5492 IMG_5604

 

 

ミリタリーアイテムとの相性は勿論ですが、WARM UP JACKETなどのアイテムと合わせても良いですね。

個人的に去年のモデルを愛用しておりますが、バイクに乗る時は非常に重宝しています。

THE GAUNTLETとセットで、冬のバイクライドを楽しんでください。

 

 

“Trophy General Store”、“弊社Dealer様にてデリバリーされております。

遠方の方やお忙しい方は、オンラインストアにも掲載しております。

 

 

Shige

 

 

 

The Gauntlet

秋冬リリースアイテムも好評頂き、誠にありがとうございます。

 

 

アウター類と共にグローブも冬仕様に切り替える時期が近づいてまいりました。

 

Trophy General Store ではお馴染みの寒冷地仕様グローブ “The Gauntlet”(ザ・ガントレット)をご紹介。

 

 

ggIMG_5565

 

 

 

まずはストリートタイプ。

 

ggIMG_5553

 

 

THE GAUNTLET STREET

 

ストリートタイプは軽くしなやかなクローム鞣しの鹿革を使用。

 

内作りは、ガントレットグローブの特徴とも言える、イギリス製ハイテク素材「ポーレル」と旭化成の発熱ボア「サーモギア」の組み合わせです。

 

ワークグローブのオーセンティックなヴィジュアルはそのままに現代的アップデートを加えています。

 

 

ggIMG_5542

 

 

バイクは車種問わず全般、コートやジャケットと合わせた日常使い、自転車での使用等、幅広いニーズ、シチュエーションに応えるモデルです。

 

コストパフォーマンスも非常に高いモデルとなります。

 

 

 

 

続いてはショートタイプ。

 

ggIMG_5549

 

 

THE GAUNTLET SHORT

 

ベースには馴染みの良いオイルドレザー(牛革)を使用した代表的モデル。
ダイヤステッチの入ったカフスはアジャスターベルトで調節が可能なので、手首周りのホールド感が強く、ライディング時の風をシャットアウトします。

 

 

ggIMG_5559

 

 

 

そして、ロングタイプ。

 

ggIMG_5561

 

 

THE GAUNTLET LONG

 

ラストアウターの袖口をスッポリと覆うロングカフスに最強の内作り。

 

 

ggIMG_5551

 

 

私自身も、冬季は日常的な通勤から一時間以上の高速ランまで欠かせない存在として、このロンググローブを愛用しています。

 

 

 

 

この3タイプのグローブで共通する最強の内作りが、ガントレットの真骨頂と言えます。

 

 

ggIMG_5572

 

 

手の甲側には、暖かさを確保しながら、ムレを抑える ”サーモギア” をカフス部分まで全面配しています。

 

 

ggIMG_5573

 

 

内側の手の平部分には操作面を考慮し、なめらかな肌触りと保温性の良い機能素材 ”ベンベルグ”を使用。

 

指と指の間は、編み組織を変え厚みを軽減することで、ストレスなく操作性を上げます。

 

さらに、透湿フィルムの”ポーレル”を挟み込んだ3レイヤー仕様なので、防風、防水、保温といった要素を全て約束します。

 

寒冷地仕様グローブの名の通り、デザイン性だけでなく、防寒に対するこだわり全てが詰まっています。

 

 

ggIMG_5565

 

 

寒い時期、空冷エンジンは非常に良く回り、エキゾーストノートも乾いた空気に良く響きます。

 

旧いバイクには良い時期です。

 

アウター類、グローブ等、しっかりとした装備を固め、寒気を楽しみたいですね。

 

 

THE GAUNTLET STREET

 

THE GAUNTLET SHORT

 

THE GAUNTLET LONG

 

 

 

在庫にまだ余裕がありますが、シーズンに入ると非常に動きの早いアイテムとなります。

 

気になる方はお早めにどうぞ。

 

 

 

 

Egawa

 

CPO WOOL SHIRTS

今週末にデリバリーしたアイテムも、多くのお客様から反響をいただいております。

サイズ欠けも出ておりますので、気になる方などは是非店頭まで足を運んでください。

 

 

本日は、入荷したばかりのアイテムから”CPO WOOL SHIRTS“をご紹介します。

 

 

1

 

 

 

CPO Wool Shirts

先染め10番×10番単糸で織られたウール生地で製作したウールシャツ。

40sなどによく見られる、USNの片ポケシャツをベースに仕上げております。

Navy,Redと発色の良い2色を揃えており、コーディネートのアクセントになってくれます。

 

 

IMG_5518

 

 

当時と同様のアンカー釦を採用し、同色の釦で統一感を出しています。

 

 

IMG_5526 IMG_5523 IMG_5529

 

 

変形型チンスト、裾に施されたパイピング仕様など大量生産される前のディテールにしております。

胸部分に配置した大きめのポケットは、1枚で着た時などアクセントになってくれます。

 

 

IMG_5522

 

 

首裏や、カフスの裏側など肌にあたる部分にはコーディロイ生地を配してあります。

ウール特有の生地感も、ストレスなく着ていただけると思います。

 

 

着用

 

 

今回は、Leather Jacketと合わせてコーディネートしてみました。

A-1 DEER JACKETと合わせてクラシックスタイルや、N-1 TR.MFGとミリタリーテイストで合わせてスタイリングしても良いですね。

着丈も適度な長さにしているので、好みの着こなしをお楽しみください。

 

 

“Trophy General Store”、“弊社Dealer様にてデリバリーされております。

遠方の方やお忙しい方は、オンラインストアにも掲載しております。

 

 

Shige

 

 

Brown’s Beach Storm Vest

今週末のデリバリーアイテムを紹介します。

 

Brown’s Beach Storm Vest

 

秋冬のロングセラーアイテムとしてブランド初期からリリースを続ける”STORM VEST”。

 

毎シーズン、マテリアルを変えて登場していますが、今季も期待を裏切りません。

 

Browns Beachに別注したビーチクロスを使用したアップデートバージョンです。

 

 

sbIMG_9686

 

 

通常、存在しないダークブラウンを基調としたTROPHYオリジナルカラーで織り上げたブラウン。

 

そして、メインカラーの一つともいえるネイビーを今季はラインナップに加えました。

 

 

 

SVIMG_9678

 

 

1901年マサチューセッツ州にて設立されたBrown’s Beach Jacket Company。

 

防寒性に優れ、 強風、雨、風、寒さといった過酷な状況下で働くフィッシャーマン、ハンター、ランバージャックといったワーカー、多くのアウトドアマンに愛用されていました。

 

”ビーチクロス”は、CottonとWoolの混合させて独自製法で織り上げた生地となります。

 

裏面は起毛し、温かさとニットの様な柔らかい素材感は、この生地ならではといえます。

 

 

SVIMG_9683

 

 

 

生地特有の不規則なムラ、凹凸感のある表情から通称『ごま塩』とも呼ばれ、ヴィンテージラバーにも熱狂的なファンが存在するアイテムです。

 

防寒性を高めるからといって着膨れしたシルエットにはならない様、中綿のボリュームも何パターンか検討しました。

 

また、3M社の高機能素材シンサレートを挟み、オーセンティックなヴィジュアルに現代的な機能を融合しています。

 

 

SVIMG_9680

 

 

ブラウンズビーチの特徴とも言えるコットンテープのパイピング処理はデザインインパクトだけでなく、巻き縫いの厚みを軽減する、理にかなった縫製仕様です。

 

スナップボタンもブラウンズビーチのロゴ入りを使用。

 

 

SVIMG_9679

 

 

 

ハンドウォーマー付き2ウェイポケット。

 

ポケットを沢山つけるのは簡単ですが、過剰なデザインは取り入れず、必要最低限。

 

デイリーユース、タウンユースに優れた、使いやすくシンプルなディティールに徹しています。

 

 

 

IMG_5444

 

 

IMG_5446

 

パッケージやロゴデザインも秀逸の一言。

 

 

 

IMG_5428

 

 

ネルシャツの上に羽織ってみました。

 

室内と室外での気温差が大きくなるこれからの時期、室内でシャツやスウェットパーカーの上に軽く羽織るのにも最適です。

 

 

 

 

今日は、Humming Bird Jacketの上にアウターベストとして合わせてみました。

 

ビーチクロス特有のウールとホースレザーの組み合わせが気に入っています。

 

IMG_5420

 

 

60年代以降、ポリエステル、ナイロンが台頭して市場比率は逆転しますが、コットンxウールならではの温もりと雰囲気、粋な格好良さは変わりません。

 

 

Brown’s Beach Storm Vest

 

は今週末、 Dealer 店頭に並びます。

 

 

生産数に限りがあり、次回リリースが困難なアイテムとなりました。

 

即戦力となる一枚。

 

気になる方はお早めにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

Egawa

カテゴリー
月間アーカイブ
リンク
RSSフィード