lingering winter Style.

サッカーU-23日本代表が五輪最終予選決勝でドラマティックな勝利を収めましたね。

 

私も友人とテレビの前で観戦していましたが思わず興奮してしまいました。

 

五輪本番でも良い結果を残してくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は1月最終日ということで、余寒にお勧めのコーディネートをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4961

 

 

 

新作の“East Coast Quilt Vest”を主役に据えたコーディネート。

 

今時期ですとシャツというよりはデニムジャケットなどの比較的軽めのアウターと合わせて頂くのがよろしいかと。

カラーはダークトーンで統一していますので小物使いで遊び心を加えても良いですね。

 

デニムジャケットとチノパンツはリニューアルして再販予定ですのでお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4964

 

 

 

カウチンにデニムという王道スタイル。

 

“Trophy Hand Cowichan”はヴィジュアルもさることながら

インナーの合わせ方次第では春先まで着用して頂けますので大変使い勝手の良いアイテムです。

手編みならではのザックリとした質感は病みつきになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4967

 

 

 

“Rough Out Santa Fe Cap” “Suede Storm Vest”といったスウェードアイテムを組合わせたコーディネート。

 

スウェードアイテムを多用することで季節感を演出するのも良いですね。

 

季節の変わり目ですと着脱のしやすいアイテムが重宝しますのでベスト類は大変お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ春が近づくにつれコーディネートに悩むこともあるかと思います。

 

是非ご参考になさってみてください。

 

 

 

2月も皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

遠方の方は弊社Dealer様にも足を運んでみてください。

 

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

jima

RAWHIDE Belt

昨日で寒さが落ち着いてくれると思った矢先に、また寒さ戻ってきましたね。

気が抜けない天候の変化に、世間ではインフルエンザが流行り出してるみたいです。

僕自身も予防接種はまだ受けていないので、休みを利用して受けに行こうかと思っています。

皆様も手洗い、うがいをしっかりして気を付けてください。

 

 

 

本日は、Trophy General Storeのセレクトとして扱っている”RAWHIDE ”をご紹介します。

 

 

 

新潟のVINTAGE SHOP “ROCK A HULA“のオーナーが、

1930~1950年代当時のスタッズベルト全盛期の製品を再現するというコンセプトで製作しているベルトになります。

 

 

 

IMG_4846

 

 

ベジタブルタンニン栃木レザーのベンズ(尻~腰)良質な部位だけを使用し、手染め(茶芯)にて染色後、極薄くアニリン処理を施しております。

バックルやベルトのカービング、スタッズの打ち込みデザインなど、自分の好みでカスタム出来るのがこのブランドの魅力です。

 

 

 

 

今回は数あるラインナップから、パンツとの組み合わせて何点かご紹介します。

 

 

IMG_4854

IMG_4856

 

 

定番の1606SW W KNEE STANDARD DIRT DENIMと合わせたのが、デッドストック のNORTH & JUDD社のダブルピンのバックルを使用したベルト。

NORTH & JUDD社のダブルピンバックルや、打ち込まれているロングタイプのスタッズなど存在感の強い1本となります。

 

 

 

IMG_4859

IMG_4861

 

 

 

1505 AUTHENTIC DENIM STANDARDと合わせたのが、Brownカラーのベルトにスタッズの打ち込みもシンプルなデザインのベルト。

リジットタイプのデニムと合わせて、パンツと一緒にベルトの経年変化を楽しむのも良いかもしれないですね。

 

 

 

IMG_4863

IMG_4864

 

 

 

BLACKIE DENIMと合わせたのが、1940年代〜のNOVELTY BELT 社 のベルトをリプロダクトしたウエスタンタイプのベルト

バックルやベルト先など、このタイプにしかないディテールなどが特徴的な1本となります。

定番のBLACKIE DENIMですが、3月頃に再入荷予定となっています。

 

 

 

IMG_4853

IMG_4852

 

 

 

綺麗目に穿きたいパンツなどには、TrophyのオリジナルベルトのHARNESS BAKER SADDLE BELTを合わせても良いですね。

プレーンなタイプのベルトは1本持ってるだけで、どんなスタイルにも合わせられるので重宝します。

 

 

 

今回紹介しました”RAWHIDE ”のベルトは、ラインナップの一部になります。

店頭には多くのパターンが並んでおりますので、是非気になる方は店頭まで足を運んでください。

オンラインストアをご利用の方も、気になる物やご不明点あればお問い合わせください。

 

 

寒さがなかなか落ち着きませんが、来月から店頭では春夏のデリバリーも始まります。

店頭にて、商品画像やスタイルサンプルもお見せできます。

Staff一同お待ちしております。

 

 

SHIGE

 

Watchman Cap.

先日、久しぶりに友人と草野球をしてきました。

 

グラウンドには霜がおり、寒さが体に堪えましたが

何の掛値もなしに集まれる友人たちと共に汗を流すのは楽しいですね。

 

良いリフレッシュにもなりますし

何より思春期を一緒に過ごした仲間の大切さを実感できました。

 

こんな時間もたまには良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は先週デリバリーされました新作から“Watchman Cap”をご紹介させて頂きます。

 

わっち万 2

 

 

 

当ブランドでは最早、定番となっておりますアイテムです。

 

今回はダークトーンでの4色展開になります。

 

定番色のBlack以外は毎シーズン、カラーチェンジを行っています。

今回のカラーバリエーションもコーディネートに幅を広げてくれるものばかりですので、私も迷ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog02

 

 

 

ヴィンテージを彷彿とさせるミリタリーネーム。

 

シンプルながらも、こういったアクセントは欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog01

 

 

 

 

 

頭頂部の絞り位置や帽体の深さ、被った際の締め付け加減など

シンプルであるからこそ一見しては分からない部分に意匠を凝らしています。

 

また、素材には体温調節機能により体表温度の上昇を抑え、汗を蒸散させ快適さを保つことのできる

クールマックスを使用しておりますのでオールシーズン着用が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog03

 

 

 

 

ミリタリーアイテムは勿論のこと、ワークアイテムにも合わせやすく

汎用性の高いアイテムですので1枚持っておくと非常に重宝します。

 

リピーターさんも多い逸品ですので、まだお試しでない方は是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週も皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされておりますので遠方の方は是非、足を運んでみてください。

 

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

jima

EAST COAST QUILT VEST

大相撲初場所で、大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たしました。

 

日本の国技として栄える相撲ですが、3横綱全てモンゴル出身という現在の相撲界に兆しが見えたような気がします。

今回の日本人力士の優勝は多くの人が待ちわびていただけに、これからの各場所の取組に期待したいです。

 

 

本日は、先日入荷しました”EAST COAST QUILT VEST”をご紹介します。

 

 

ベスト-インディゴ 2

 

 

 

 

 

 

 

 

ベスト-ブラック 2

 

 

 

入荷前から、多くの問い合わせをいただいており大変反響があった商品になります。

 

 

 

冬シーズンのStorm VestはTrophyでも定番となっておりますが、

今回はその仕様を活かしながら春先にジャケットやシャツの上から着れる様にしたアイテムです。

 

 

 

IMG_4830

 

 

 

IMG_4826

 

 

 

表地には、ライトオンスのインディゴとブラックコバートのシャンブレ―生地を採用しています。

ディテールもシンプルに仕上げ、アウトポケットのみとなっています。

 

 

 

IMG_4824

 

 

 

フロント部分のボタンには、今季新たに制作した2つ爪の真鍮スナップボタンを加えています。

ファスナーが無い分、着脱がしやすくなっています。

 

 

 

IMG_4829

 

 

 

裏地には、ネイティブ柄の起毛生地を配置しています。

表地の色と違和感が無いように、インディゴにはブルーカラーをブラックにはダークブラウンカラーを選んでいます。

 

 

 

IMG_4833

 

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、春先にはウールシャツの上に羽織っても丁度いいです。

表地に合わせやすいプレーンなシャンブレ―を使っているので、

インナーにチェックシャツなど合わせても嫌味なくコーディネート出来ます。

パンツは定番デニムチノパンとの相性は間違いないです。

 

 

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされておりますので是非、足を運んでみてください。

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

SHIGE

 

 

 

Millreef.

一時期はスター選手を揃えに揃えて”銀河系最強”と謳われたレアル・マドリードの新監督である”ジダン”

 

神技ともいわれるボールタッチに酔いしれた懐かしい記憶が蘇ります。

 

最近ではメッシ擁するバルセロナに惜敗することが多く、ファンとしては悔しい限りです。

 

今シーズンは是非とも良い結果を残してクラブワールドカップで見られることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日はTrophy General Storeで新たに取り扱いが始まりますスニーカーをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

“Mill Reef”

 

 

 

「自分が履きたくなるようなスニーカーが無い。だから自分で作ろう。」という想いからスタートしたブランド。
欧米製のモノマネで終わらない、ベーシックな中にオリジナリティのある日本人の類稀な感性で作られたスニーカーの確立を存在価値として掲げ

「MADE with PRIDE」をポリシーに、モノづくりはもちろんのこと「スニーカー=カジュアル」だけには留まらないプロダクト展開をしています。

 

 

 

 

今週末には第一弾として“Gallop Oxford”が入荷致します。

 

 

 

 

 

blog08

 

 

 

定番色であるWhite,Blackのみの入荷となります。

 

懲りすぎないデザインとキャンバス素材の持ち味を活かしたシンプルな一足。

 

オリジナルの木型を用いた細身のシルエットに加え、ソールの傷・キャンバスの色あせこそが持ち味です。

弊社のプロダクトにも通じるものが多いこともセレクトした理由の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog02

blog01

 

 

スニーカーでは一般的なバルカナイズ製法を用いて制作されておりますが

アッパーの張り合わせ・ゴム周りの意匠テープ等の工程は全て独自の方法で行い

日本人のきめの細やかな感性と手作業ならではの僅かな違いを活かしたシルエットと履き心地を追求しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog07

 

 

オリジナルインソールですので履き心地も折り紙付きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog03

 

 

 

Dirt Denimとの相性は言うまでもありません。

 

ヴィンテージスニーカーにも見られるような細身のシルエットですので

ミリタリートラウザースやチノなどとの相性も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

スニーカーをあまり履かれない方々にこそオススメしたい逸品です。

 

是非、店頭でお試しになってください。

 

新作も入荷しておりますので、ご来店くださいませ。

 

 

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

jima