Genuine Dirt Deinim

大変お待たせしました。

いよいよ”Dirt Denim”各種が再入荷です。

 

28日(日)より、取扱ディーラー様、およびGeneralStoreに並びます。

General store のパンツラックに入荷したてのデニムが整然と積まれた姿は、いつ見ても気持ちが良いです。

 

 

DSCF0283

 

デニム(ジーンズ)は、数え切れない程の多種多様な存在があり、誰しもが必ず持っている類稀な服といえるでしょう。

 

10代、20代と色々な洋服にお金を使い、ひと通り着倒した結果、戻ってきた自身の原点であり、今後も変わることない終着点でもあるデニム。

 

 

DSCF0267

 

 

お客様からリペア依頼でお預かりする履き込んだデニムは、色落ち、コンディション、丈のバランス、ダメージ箇所も全て異なり、2つと同じ物は存在しません。

 

リペアという言葉は、洋服に関してはデニム以外ではあまり使わないフレーズですね。

 

壊れたものを修復して着用が出来、尚かつそれを “アジ”として愛着が持てる点は、デニムの魅力の1つであり、専売特許です。

 

新しいモノを沢山売るのが私たちの仕事ですが、1本を大切に履いて頂ける事は何物にも代え難い喜びです。

 

 

27DSCF0272

 

27DSCF0274

 

 

ともに私が、2,3年履き込んだDIRT DENIMです。

 

 

27DSCF0279

 

 

DSCF0270

 

 

リアルなエイジングが施されたデニムも良いですが、やはりハリとコシ、インディゴのにおいのする新しいデニム地の風合いを楽しむのが好きですね。

 

あせらず、ゆっくりとした付き合いの中で、自分だけの一着に育ててほしいと思います。

 

 

 

1605、1606、1607、1608、どれにするか非常に悩みました。

久しぶりに原点回帰も含め、1606 Standard W Kneeをガシガシ履いてみようかと思います。

 

 

127IMG_0503

 

 

 

その日の気分でシャツとブーツにあわせて最適な1本を選び、また逆に履きたいデニムに合わせてブーツとシャツ、ジャケットを選んだり。

 

 

625DSCF0228

 

 

そんな毎日の日課の一つに、TROPHYのデニムが役立てたら幸いです。

 

 

 

DIRT DENIM

 

 

 

大変お待たせしました。

 

 

Egawa

 

FRONTEND magazine Vol.32

 

先週は第三回 “群馬モツ煮ラン” に行って来ました。

 

群馬の隠れ名物の一つでもある “永井食堂のモツ煮”を食べに行くというシンプル極まりないイベントですが、濃ゆいメンバーが集いました。

 

天気の怪しい時期ですが、快晴に恵まれ楽しいひとときでした。

また来年も楽しみにしています。

 

-2015-06-21-0-13-22

 

 

 

さて、アメリカのモーターカルチャーを中心にした、これまた濃ゆいライフスタイルマガジン『FRONTEND mag』の新刊が入荷しました。

 

91107545

 

 

今号も驚異のプライベートコレクションからアメリカのリアルなガレージ、ネイティブアメリカンバングルまで
写真からも伝わる”モノ”のパワーに圧倒される内容です。

 

 

91107545_o1

 

91107545_o2

 

FRONTEND 「FRONT」残したい人物や尊敬する人物の「始まり」を意味し、「END」は「現在、生涯」
といった意味です。

 

ライフスタイルやカルチャー、ごく日常的な風景を、自然な目線で撮り込み、知識や言葉といった表現方法ではなくカメラを通して独自の感性や感覚で表現し、そして伝え残す。

 

 

そんなコンセプトを掲げる『FRONTEND MAGAZINE』

 

創刊の頃からお世話になっていますが、まだまだ未知の世界があるものです。

見てるだけでワクワクします。

 

ディープな世界に足を踏み入れてみて下さい。

 

 

” FRONTEND magazine Vol.32 

 

 

バックナンバー も若干数ですが、在庫あります。

 

 

 

 

Egawa

Shorts style

問い合わせも多数いただいている、Dirt Deinimも事務所に届き順調に作業が進んでおります。

問題なく日曜日にはデリバリー出来そうですので、気になる方は是非ご来店ください。

 

 

本日は、これからの季節にピッタリなShorts Styleをご紹介します。

 

 

 

Jima’s Style

 

IMG_0455

 

 

TOWN CRAFT WABASH S/S SHIRTS

RANCHER COVERT SHORTS

 

ブラックトーンでまとめたスタイリングになります。

全体を黒でまとめる事で締まった印象になり、髪を整えシャツの前を閉める事でアダルトな雰囲気を出してくれます。

足下はドレスシューズ等合わせるとより洗練されますね。

 

 

 

 

 

Shige’s Style

 

IMG_0465

MID BORDER TEE

MACHINE AGE SHORTS

 

ワークショートパンツでまとめたスタイルになります。

子供っぽくなり過ぎないように、パンツは膝が隠れる1サイズアップを選択しております。

スニーカーなどでカジュアルダウンしても良いですし、ヘッドギアにARMY BEANIEをもってきても良いですね。

 

 

 

 

 

 

週末は天気もあまりすぐれない様ですが、渋谷にお越しの際は是非足を運んで下さい。

Staff一同心からお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

弊社Dealer様へもデリバリーされますので遠方の方は足を運んでみてください。

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

SHIGE

 

Re Stock

皆様、長らくお待たせ致しました。

 

永遠のスタンダードと言っても過言ではない、Dirt Denimが日曜日に再入荷いたします。

 

お問い合わせも数多く頂き、誠に嬉しい限りです。

 

今回は4品番が勢揃いとなっております。

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も多いかとは思いますが簡単にご説明させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“1605 Standard Dirt Denim”

1605

 

 

 

 

ハウスナンバーである1605を冠する1本。

 

裾にかけて緩やかにテーパードさせたジャストフィットシルエットになります。

 

タウンユースからライディングまで幅広いスタイリングに重宝致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“1606SW W Knee Standard  Dirt Denim”

1606 SW

 

 

 

 

 

 

TrophyClothing を代表するW Knee

 

機能美を追求し、その必要性から生まれたデザインであるからこそ

華美になり過ぎず、その反面でしっかりとした主張もある

 

この相反するものの共存こそが永く愛していただけている理由なのかもしれません。

 

 

 

 

シルエットは”1605″と同様にスタンダードシルエットになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“1607 Narrow Dirt Denim”

1607

 

 

 

 

 

腰周りをタイトに絞った都会的シルエット

 

スタイリッシュなスタイルは勿論のこと、スニーカーと合わせてラフなスタイルにも相性抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“1608 W Knee Narrow Dirt Denim”

1608

 

 

 

 

 

“1607”と同様の都会的なシルエットでありながらヘビーデューティーなW Kneeが付随したモデル。

 

スタイリッシュでありながらも”らしく”ありたいというバイカーの方たちから絶大な支持を頂いております。

 

エンジニアブーツとの相性は言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の語彙が乏しいというのもありますが、是非1度お手に取って頂ければ良さに気付いて頂ける逸品です。

 

初めての方は勿論、既にお持ちの方も4種4様の良さがありますので是非。

 

 

 

 

 

 

既にお問い合わせが多いアイテムですので気になされている方は、お早めに。

 

申し訳ございませんが、ご予約は承りかねますのでご理解くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週も皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

弊社Dealer様へもデリバリーされますので遠方の方は是非足を運んでみてください。

 

お忙しい方はオンラインストアにもUPしますので、ご利用ください。

 

 

 

 

 

jima

日本伝統 “TENUGUI”

本日は入荷を心待ちにしていた ”手ぬぐい” の紹介です。

 

私自身、バンダナは散々収集し、TROPHYでも過去にも複数作ってきました。

ですが、昨年から頻繁に使い出しているのが、創業140余年、日本橋・戸田屋 の梨園染 “手ぬぐい” なんです。

 

戸田屋の梨園染めは、手ぬぐい、浴衣をはじめ、扇子、うちわ、のれん等、数百の柄、バリエーションで江戸の粋を代々継承しています。

 

そんな「伝統的な職人技」と「日本の現在」を染め上げた歴史ある戸田屋様に、オリジナル柄を製作して頂けるとは夢にも思っていませんでした。

 

622DSCF0210

 

 

愛用していたものをオリジナルアイテムとして作ることができる。

とても嬉しい事ですね!

 

 

格子状の太さ違いのラインとサークルが特徴的な柄になります。

 

ブラック、ブルーは柄を抜染、ベージュは青で柄をを染めています。

三者三様の雰囲気を楽しんで頂けます。

 

 

622DSCF0211

 

 

梨園染の特色といえる「注染(ちゅうせん)」

 

伝統工芸に指定された染色方法で染め上げた色合いの美しさ、風合いの良さは熟練の職人達による手染めだからこそです。

 

また、手ぬぐいで使う上質な晒木綿も、独自に生産している30番手特岡という高級生地になります。

 

化学繊維や最新のハイテクノロジー素材とは違う、素肌にやさしい木綿(コットン)は丈夫で軽く、吸湿性に優れているので、汗や水分等を程よく吸収し、すばやく乾きます。

 

 

622DSCF0217

 

実はこの格子柄。

ハウスナンバーでもある”1605″を表現しています。

 

解読できますでしょうか?

ヒントは、サークル(丸柄)です。 笑

 

 

622DSCF0220

 

染料の微妙な滲みや、生地端のミミ部分の染料が薄くなっている辺りも良い雰囲気ですね。

 

手ぬぐいはバンダナとは異なり、裏表がない両面表です。

 

梨園染は、染色の段階で染料を布の上から下まで、繊維の芯まで染料を浸透させます。

 

見えないところや裏側にまで徹底的に凝る日本人の古来からの美意識とも言える箇所ですね。

 

 

TROPHY のバックポケットはサドルウォレットやトラッカーウォレットに対応すべく、やや深めのタイプが多いのでバンダナより長さのある手ぬぐいも良いサイズ感です。

 

622IMG_0412

 

 

首に巻いてショールというか、汗拭きに使うも良し、愛妻弁当を包むも良し、切って好きなサイズにするもまた良しです。

 

 

622IMG_0407

 

 

使うほど風合いが増し、肌に馴染んできます。

洗い込むほどに染め色が落ち着き、色の変化も楽しみの一つになりますね。

 

早速好評で、皆さま手に取って頂いております。

 

私は全色コンプリートです。

 

 

梨園染 ” Tenugui “

 

 

沢山の方に愛用して頂きたいと思い、コスト度外視の”粋”なプライス設定です。

 

是非、お試しください。

 

 

egawa