New Shirts

こんばんは。

 

昨日、今日と夏日ですが如何お過ごしでしょう?

初夏と呼ぶに相応しい陽気ですね。

季節の変わり目ですので風邪などひかれませんよう、ご自愛下さい。

 

 

 

 

 

さて、本日は夏にピッタリのシャツのご紹介です。

 

 

 

Long Beach S/Shirts

 

 

50sのタウンシャツをベースにアレンジを加えたオープンカラーシャツになります。

裾をストレートカットし、適度にゆとりをもたせた身頃など現代的アップデートをしております。

 

 

 

カラー展開はMustard,Red,Blueの3色となります。

商品名にもありますようにカラッとしたカリフォルニアの空に調和するカラーが印象的です。

 

 

 

 

 

視覚的にも夏らしく、これからの時期に重宝すること間違い無しの1着です。

 

 

 

 

 

 

 

個人的にお気に入りの一着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして

 

Gas Worker S/Shirts

 

 

 

40’Sのガスステーションワーカーシャツがイメージソースとなった1着となります。

 

 

 

 

カラーはBrown,Red,Blueの3色展開になります。

 

衿とポケットフラップのツートーン、オールド感漂うグラデーションストライプ等

細かな拘りはあるものの、キャッチーさも兼ね備えております。

 

 

 

 

 

 

 

着込んで色褪せた姿も

オイル染みで少し汚れた姿も

どちらも魅力的ですね。

 

 

 

 

 

どちらの商品も夏を彩ってくれる逸品となっております。

 

 

 

 

 

 

今週は天気も良さそうですので、お出かけ日和ですね。

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

遠方の方はDealer様へ是非とも足を運んでみて下さい。

 

お時間の無い方はオンラインストアも併せてご利用下さい。

 

 

 

 

 

jima

 

Round House Pants

こんばんは。

 

本日も快晴でしたね。

少々暑いものの何をするにも気分が良く最高の週末ではなかったでしょうか。

早い時間から多くの方にご来店頂きまして、有り難い限りです。

 

 

 

 

そんな今日は昨日に引き続き新商品のご紹介です。

 

 

 

Round House Pants

 

 

Dirt Denimとは違った魅力を持つライトオンスのダブルニーペインターパンツになります。

 

 

フロントはパッチポケットと一体化したダブルニー仕様となっており

ロック付きTALONジップフライ、1605ブラスボタンを使用しております。

 

 

 

カラー展開は横糸にグレーネップを使用したIndigo Denim

親子ストライプの名でヴィンテージでは高騰したHickoryの2色となります。

 

 

 

 

 

画像では見えづらいかと思いますがHickoryはエンジ、Indigoはグリーンのカンヌキでベルトループ、バックポケットを補強しています。

このカラーリングも良いアクセントになっております。

 

 

 

 

 

続きまして

 

Round House Pants Vintage Wash

 

 

 

こちらは前述の商品のVintage  Washバージョンになります。

 

仕様に違いはございませんが、この履き込んだ風合いがなんとも言えない雰囲気を醸し出しております。

 

 

 

こちらもIndigo,Hickoryの2色展開になります。

 

 

 

 

この絶妙な風合いを是非お手に取ってご覧になって下さい。

 

本日ご紹介させて頂きました2型とも先日、一足早くリリースしました

Round House Jacket , Round House Jacket Vintage Washとセットアップでの着用も可能となっておりますので是非お試し下さい。

 

 

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

遠方の方は、お近くのDealer様に是非とも足を運んでみてください。

 

お時間の無い方はオンラインストアも併せてご利用下さい。

 

 

 

 

jima

 

border tee

こんばんは。

 

 

 

最近はグッと気温も上がり日中はTシャツで過ごされる方も多くなりましたね。

 

間近に迫った夏が楽しみです。

 

その前に曇天続きの梅雨を乗切らないといけませんね。。

 

 

 

 

さて、本日は夏にぴったりのTEEをご紹介です。

 

Mid Border Tee 

 

 

空気紡績と呼ばれる技術により作られる糸を使用した、天竺ボーダーTEEになります。

 

糸の外側の撚りは強い反面、内側の撚りは弱く、この特性が空紡糸独特のザックリとした表面感を生み出しています。

 

 

 

Navy,Red,Grayの3色展開となります。

 

 

 

 

 

伸びにくいヴィンテージライクなバインダー始末をしたネック周りも特徴です。

 

 

裾がもたつかない様、適度に短くした着丈、やや絞り気味の身幅となります。

 

 

 

 

 

 

続きまして

 

Narrow Border Tee

 

こちらも前述の商品と同様で空紡糸を使用した天竺ボーダーTEEになります。

 

ピッチの細いボーダー、肘が隠れるハーフスリーブ(五分丈)、Vネック仕様になっております。

 

 

 

こちらもNavy,Red,Grayの3色展開となります。

 

 

 

 

 

前述の商品と同じくポケット付きです。

利便性は勿論、デザイン性もありますね。

 

 

 

どちらも着心地の良さは折り紙付きです。

 

2型とも生地は同様ですが趣の異なった商品となっております。

 

 

1枚あると便利なボーダーTEE、お早めの夏支度に如何でしょう?

 

 

 

 

是非、店頭で手に取って頂ければと思います。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

遠方の方はDealer様に是非とも足を運んでみてください。

 

なお、オンラインストアにもUP済みですのでお時間の無い方は、ご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

jima

1605/1607

 

W Knee に続き、再入荷した5ポケット2品番もディティールチェンジがございます。

 

まずは、ハウスナンバーをロットナンバーとして記し、設立時より生産し続けている不朽の名作。

 

1605 Standard Dirt Denim

 

 

 

まずは、お馴染みとなっているスラッシュカットポケット。

 

使用してみると分かる、手の入れやすさ。

501とは異なるオリジナリティのある部分でもあります。

 

 

40sヴィンテージオーバーオールからインスピレーションを得たステッチ形状が変更です。

三角の入り方が以前とは逆になります。

 

トップボタンとフライボタンは二本爪1605ドーナッツボタン。

Wニーのブラスに対し、こちらはシルバーに変更しています。

 

リベットも刻印入りのカッパーUFOリベットに変更しています。

 

 

またスラッシュポケット内は、ツイルスレキから厚手のヘリンボーンに変更。

ヴィンテージの対戦モデルを踏襲しながらも、新たな価値観を加えています。

 

インシーム(内股)は、オレンジ2本のWステッチから、オレンジ/ネイビー糸で縫製。

シングルステッチに見せたシークレットダブルステッチになります。

 

 

 

旧いモノを復元するだけではないオリジナリティの宿った、非常に完成度の高い1本です。

 

1605 Standard Dirt Denim

 

 

 

続いて、細身の

1607 Narrow Dirt Denim

 

 

実はこれ、意外に?リピートファンの多い1本。

 

タイトな腰回りと膝から裾にかけストレートに伸びた都会的なパイプドステムシルエット。

 

 

 

ナロータイプはWニー共に、フロントがカーブポケットになります。

 

こちらも、トップボタンとフライボタンは二本爪1605ドーナッツボタン。

Wニーのブラスに対し、シルバーに変更しています。

 

リベットも刻印入りのカッパーUFOリベットに変更しています。

 

 

 

バックポケットは、隠しリベットを排除したL型バータック(カンヌキ補強)。

1605同様に、生成りヘリンボーンスレキにインシームはオレンジ/ネイビー糸で縫いシングルステッチに見せたシークレットダブルステッチです。

 

シャープなシルエットを活かし、エンジニアブーツは勿論、スニーカーとも相性が良いですね。

 

1607 Narrow Dirt Denim

 

 

残すところと変えるところ、さらに進化と深化していくStandardアイテム群。

この先、5年後、10年後も作り続けている事でしょう。

 

 

egawa

 

1606/1608

ブランド設立時からTROPHYのフラッグシップモデル”DIRT DENIM”。
その名の通り舗装される前の路面を思わせる凹凸感のあるこのデニムは、ヘヴィーウェイトのハリと柔らかさ、そしてノスタルジックなハンドメイド感があります。

 

完売していた代表モデルW Knee StadardとNarrowが、全サイズ揃って再入荷となりました。

 

そして今回のDenim生産分から、5年振りに各モデルにディティールチェンジがございます。

 

まずは、こちら

大変お待たせしました

 

不動の人気

1606 W knee Standard Dirt Denim

 

パッと見の大きな変化はございませんが、ディティール変更点を解説します。

 

 

特徴的なフロントのスラッシュポケット口のステッチ形状が変更です。

 

40sヴィンテージオーバーオールからインスピレーションを得たステッチングです。三角の入り方が以前とは逆になります。

 

トップボタンとフライボタンは継続で、ブラスの二本爪1605ドーナッツボタンです。

 

 

フロントスラッシュポケット内が、総柄プリントスレキからオリジナルチェッカースレキへ変更。生地の厚みは以前と同様になります。

 

UFOリベットをブラス刻印入り(新型)に変更。形状は変わりませんが刻印が入ります。

 

全体で見るとスラッシュポケットステッチの変更により、前モデルと印象が変わっていますね。

 

生地やシルエットは前モデル同様になります。

 

 

続きまして、細身シルエットの

 

 

W Knee Narrow Dirt Denim

1608(旧1606)にロットナンバーを改めました。

 

変更箇所は、バックポケット形状の変更。

 

隠しリベットからL型カンヌキ、口幅の狭い縦長五角形になり、よりタイトシルエットが強調されるスタイリッシュなバックスタイルになりました。

 

 

そして、フロントポケット形状が、スラッシュポケットからカーブポケットへ変更(ナロータイプはカーブポケットに統一しています。)

 

 

カーブポケット内が、総柄プリントスレキからオリジナルチェッカースレキへ変更。ダブルニーはチェッカースレキで統一します。

 

 

リベットも同様にUFOブラス刻印入り(新型)に変更。

ボタンフライは全てブラス1605ドーナッツボタンです。
スタンダードとナロー、5ポケットとダブルニーでモデルコンセプトを明確化し、各ディティールにそれぞれ違いと統一性を持たせました。

 

縫製工場サイドにも、糸飛びや縫い足し、ステッチ乱れ等の縫製不備に関して、厳しく注意を行い徹底する事で士気を高めました。

 

設立当初から展開しているDirt Denimアイテムがより進化を続けられるよう、今後も継承する箇所と改善すべき箇所を徹底したいと思います。

 

1605 Standardと1607 Narrowは、今週末の入荷となります。

 

TROPHYが自信を持ってリリースし続けているデニムシリーズです。

是非とも、お試し下さい。

 

 

 

egawa