Nostalgia Wool Check Shirts

 

ホットロッドショーの出店案内書も届き、気づいたらイベントまであと2週間。

今年もTROPHYはベンダーブースにて出店を行います。

 

毎年ブースに足を運んでいただける方々にお会い出来る事を楽しみにしています。

 

 

 

 

さて、気温の変化とともに11月になると袖を通したくなるのがウールシャツ。

 

スリーシーズン着用できるコットンワークシャツも好きですが、ウールは季節を感じながらの着る楽しみがありますね。

 

 

1118DSCF0942

 

 

2色どちらか悩みながら、ベージュをチョイス。

今季は、厚みより柔らかさと毛足の長い起毛した質感を重視してウール選びを行いました。

 

 

1118DSCF0943

 
ワーク、アウトドアアイテムで見る事の多いバッファローチェックですが、TROPHY流のディティール、サイズ感をミックスしています。

 

 

1118DSCF0945

 

 

襟は先端に向けシャープに尖らせ、あえてアウトステッチを入れずにふわっと仕上げています。

 

ペンドルトンなんかも入っていませんが、襟にステッチが入る入らないで印象が変わりますね。

 

 

1118DSCF0944

 

 

ここ数シーズンのチェックシャツのフラップポケットは、フラップを柄合わせし、ポケット部をバイヤス(斜め)断ちにしています。

 

何年代の何々といったディティールではなく、私が気に入っていて度々使う仕様です。

 

 

1118DSCF0946

 

 

起毛させた表面と裏面で表情の違いが見てとれます。

 

ボタンはバッファローの角から削り出した本水牛の4穴ボタン。

厚みもさる事ながら、テカっとしたグロス仕様も気に入っています。

 

 

1118DSCF0948

 

1118DSCF0950

 

 

背面はヨークをつけず、肩の曲線に合わせダーツを取っています。

これもここ数シーズンのお気に入り仕様。

 

サンフランシスコに行った際、ヴィンテージショップで見つけた50’sシャツを参考にしています。

シャツは、この肩ダーツが気に入り購入。

 

 

 

1118DSCF0953

 

 

サイズ感は大きすぎず、適度に絞り、サーマルやカットソー上、ストームベストのインナーに最適なサイズ感に仕上っています。

 

 

 

中空繊維のウールの特徴として、水分を取ってくれる吸湿性があります。

ヘヴィアウターを着て暖房の効いた室内、店内に入った際、ウールシャツをインナーに着用していると発汗の蒸れを抑えてくれます。

 

アウトドアウエアで、フリースやハイテク素材が進化し続けるなか、いまだ昔ながらのウールシャツが愛され続ける理由の一つかと思います。

 

 

 

 

Nostalgia Wool Check Shirts

 

 

2色ともにオススメです。

 

 

 

egawa

New Delivery Item.

冬が深まり澄んだ空気が肌を刺す季節へとなって参りました。

 

人には些か厳しい時期ではありますがバイクには最高の環境といえますね。

 

私も夜な夜な気心知れた友人と特別な当てもなく走りに出掛けています。

バイクという共通の趣味を介すと何ら変哲の無いことでも楽しく感じます。

 

年を重ねてきたからこそ、そういったことを大切にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週末にデリバリーされますアイテムをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

“Dust Bowl Wool Jacket”

 

91517950

91517950_o1

 

ネップ感のあるウール生地を使用したスポーツジャケット。

 

デザインは極めてシンプルに仕上げておりますが

衿にボア生地を使用することでボリュームを持たせ、シンプルながらも趣のあるジャケットとなっております。

 

裏地は中綿キルティングですので保温性も兼ね備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Detroit Trousers”

 

92425440_o1

92425440_o2

92425440

 

 

 

ツイード調のネップ感あるテキスタイルを使用したトラウザース。

 

ワイドなシルエットに合わせてクラシカルなディテールを随所に取り入れております。

 

サックコートなどとは勿論のこと、“Round Up Horse Hide Jacket”との相性も良いアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Dust Bowl Hunting”

95370555

 

 

“Dust Bowl Wool Jacket”と同様のテキスタイルを使用したハンチング。

 

8パネル仕様を採用し、帽体をやや大きめにすることでクラシカルな雰囲気に仕上げております。

 

ハリのある生地ですので被った際、シルエットが崩れにくく綺麗に着用して頂ける逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Ace Wool Muffler”

マ無15AW

 

 

 

ワークアイテムやミリタリーアイテムなど様々なスタイルに合わせやすいようソリッドなデザインに仕上げたマフラー。

 

リバーシブル仕様ですのでアウターの色味によって使い分けが可能となっております。

 

プレゼントにも大変喜ばれるアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Ace Buffalo Muffler”

 

マチェ15AW

 

シャツなどでも使用されるような大判のバッファローチェックを使用したマフラー。

 

淡い色味ですので季節感はありながらも、主張しすぎないので大変使い勝手の良いアイテムです。

 

季節柄ダークトーンになりがちですので、こういった小物で色味をプラスされてみては如何でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日に日に寒さが厳しくなっておりますが店内を暖かくしてお待ち致しております。

 

弊社Dealer様へもデリバリーされますので是非、足を運んでみてください。

 

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

jima

B-29 TR.MFG. STYLE

先日、今年の締めくくりにとオーダーしたWHITE’SのSEMI DRESSが届きました。

想像通りの雰囲気に仕上がり、これからの経年変化が非常に楽しみです。

 

 

弊社でも、年末にはブランド初のエンジニアブーツがデリバリーされます。

企画から製作までかなりの時間を費やし、何度もサンプルを作り納得出来るアイテムへと仕上げました。

 

 

 

店頭にはサンプルも置いておりますので、気になる方は是非店頭までお越しください。

 

 

 

 

 

 

本日は、これからの季節に活躍してくれる『B-29 TR.MFG.』をご紹介します。

 

 

 

 

 

B-29

 

 

B-29 TR.MFG.

遮風性と撥水性に優れたコットングログランのアウターシェルに、上質のアルパカウールを裏面全てに使用。

本来はコットンサテンで軍に納品しているミルスペックジャケットとは異なる個性です。

インナーをしっかりと着れるよう、ややゆったり目の身幅、N-1よりも着丈を延長しています。

 

 

 

 

DSC_4246

 

 

 

 

身頃全体に配置してあるアルパカウールは、非常に保温性があり多くの方が愛用してくれています。

 

 

 

 

 

DSC_4245

 

 

 

外装やサイズなどに大きな変更は加えず、風の侵入を防げる様に裾を絞れるドローコードを追加しています。

 

 

 

 

 

DSC_4261

 

普段40サイズを着ている自分でも、街着程度ならサイズ38でも丁度いいサイズとなります。

インナーに NOSTALGIA WOOL CHECK SHIRTSなど、ウールシャツを合わせれば冬でも問題なく過ごせます。

 

 

 

 

 

DSC_4302

 

 

40サイズを合わせる場合は、中にジャケットなど着込めるサイズ感となってますので、

バイクに乗る方や寒いのが苦手な方にはオススメのスタイリングです。

2805N NATURALLY DUCK JACKETの薄めのジャケットは、腕周りもストレス無く合わせられると思います。

 

 

 

 

 

裏側に厚みのあるボアを貼り付けてある為、サイズ感でお悩みの方も多いかと思われます。

お客様のライフスタイルに合わせて、ベストのサイズをお選びください。

 

 

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされておりますので、是非足を運んでみてください。

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

SHIGE

Tweed Champ Knit.

気付けば11月も半ば、いつの間にか空は高くなり日暮れが早くなってきましたね。

 

大分、気温も下がってきましたので外出するのが億劫になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

家の中で全てが完結してしまう利便性について、とやかく言うつもりはありませんが

なぜだか少し寂しい感がしてしまいます。

 

お気に入りの冬物を羽織って外を散歩しながら「寒い、寒い」と文句を言うのも

“冬ならでは”で粋なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は”Tweed Champ Knit”シリーズをご紹介させて頂きます。

 

 

“Tweed Champ Knit Vest”

302-top

302-di1

 

 

 

 

 

ツイード調のマテリアルを使用したベストになります。

 

クラシカルな表情を持ち合わせながらも伸縮性に富んだ生地ですので着心地の良さも兼ね備えております。

 

裏地は起毛しておりますので、薄手の素材感とは裏腹にしっかりと保温性もございます。

 

 

 

 

 

DSC_4212

 

 

 

個人的にはタイドアップし、クラシカルさを引き立てたコーディネートがお勧めです。

 

今時期であればジャケットやコートの下に、春先頃にはシャツの上に合わせてみたりと汎用性にも優れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Tweed Champ Shawl Knit”

ツイードショールニット-ブラウン

 

 

 

こちらもベストと同様のマテリアルを使用したプルオーバーカットソーになります。

 

ややタイトなサイズ感で仕上げておりますのでジャケットのインナーとしての着用も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4185

 

 

 

また、暖かい日にはシャツの上に合わせてラストアウターとしての着用も、お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4188

 

 

 

特徴的なショールカラーはボタンによって調節が可能です。

 

ジャケットやコートから少し覗くショールカラーは非常に上品かと。

 

 

 

 

 

 

四季折々に合わせて素材感も上手くチョイスして頂くとコーディネートに奥ゆかしさが生まれます。

 

たまにはそういった事を意識してみるのも一興ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京は少しぐずついた空模様ですが、是非ご来店くださいませ。

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされておりますので足を運んでみてください。

 

 

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

jima

Round Up Horsehide Jacket

以前ラングリッツラリーでもご一緒させて頂いた事のある 1935 年 VFD。

 

IMG_4570

 

 

浪漫の塊。とんでもないオーラを放った一台でした。

まさかTROPHY前で見れるとは。。。

 

岡本社長ありがとうございました。

 

 

 

さて、この時期、店頭で手に取る方が非常に多いレザージャケット。

朝晩の寒さと日中の暖かさが入り混じっていますが、今一番着たいアイテムですね。

 

 

以前リリースしたHumming Bird JKT(タンニン鞣し)染料仕上げに対し、今季のRound Up JKTは、クローム鞣し後のウェットブルーの状態でブラウンに染色、その後、黒ラッカー(顔料)で仕上げています。

 

1.3mm 厚のしっかりとした厚みと多少の水もはじく強固な表面なので、ギアとしての要素がより強くなっているのも特徴です。

 

 

1111ruDSCF0928

 

 

新品の左と着用3ヶ月の右。

まだまだ全体のツヤはありますが、革の馴染み具合は全くの別物です。

 

 

1111ruDSCF0931

 

 

袖は着用者の腕まわりの形に変化し、厚みのある革特有のしっかりとした腕のシワが出来ています。

 

 

1111ruDSCF0930

 

 

独特のシボと深みのある黒、そして銀面のツヤが魅力です。

アタリや擦れた箇所は下地のブラウンが現れます。

 

 

1112ruDSCF0941

 

 

プリーツデザインは、長年所有しているBlock Bilt社の30’s のレザージャケットのバックスタイルを参考に。

この時代のレザージャケットは本当にアクが強いモノが多いですね。特にバックスタイル。

 

 

1111ruDSCF0932

 

 

襟裏、首の当たる箇所には、細畝のコーデュロイを張り合わせ二重補強。

他にも旧いPコートの様にポケットスレキもコーデュロイを使用しています。

 

 

1112ruDSCF0934

 

 

ハト目で固定したジップエンドとそれを逃すステッチワーク。

 

ボックスの無い差し込み式なので、始めは少しコツがいります。

引き手部分を奥まで差し込んでから引き上げてください。

 

フックレスのスライダーが付き、ヴィンテージライクな仕上がりです。

ジップで擦れた箇所は、下地のブラウンが出ていますね。

 

 

1112ruDSCF0940

 

 

私の着用しているサンプルは左胸に内ポケットが付いていますが、表面のチェーンジップが付く胸ポケットと袋布が干渉し厚みが出ていたので、商品では内ポケットが右に配置されています。

 

ジップを首元まで開けた際に型崩れしないよう、上部のみレザー見返しが付きます。

下までレザーを付けると厚みでジップの開閉に引っかかりが出る為、この切り替えデザインにしました。

 

 

トロフィーピンズ 2

 

 

シャープな襟先に”TROPHY PINS“。

ジップやバックル類はブラスなので、統一感もありオススメです。

 

 

 

 

30’sの革ジャンは好んで数着所有しているのですが、程度が良いといえど80年前の皮革。

 

見た目、雰囲は最高ですが、着れば着るほどコンディションは下がります。バイクには勿体ないので、大切に着ながら普段は観賞用です。

 

それでも好きで、大枚をはたき手に入れてきましたが、ヴィンテージを理解しながら新たな価値観を注ぐのが私達のモノ創りの基本です。

 

今はこの革ジャンに毎日袖を通しています。

 

1111ruDSCF0939

 

 

革の硬さと光沢の強い数ヶ月の表情は、まだまだ魅力50%といったところでしょう。

 

骨董としてのヴィンテージではなく、着込むことで自分のシワで出来た価値ある一着に仕上げて欲しいと思います。

 

 

Round UP Horsehide Jacket

 

 

永いお付き合いをお願いします。

 

 

 

 

 

egawa

 

カテゴリー
月間アーカイブ
リンク
RSSフィード