reunion

 

 

本日は今週末に再入荷致しますアイテムをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

1805 standard brownie duck

 

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが

TROPHY CLOTHING定番のSTANDARDシルエットをベースに

オリジナルテキスタイルの”BROWNIE DUCK”で製作した一本となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも1605同様にリベットやスレキは一新しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1806SW  W Knee standard brownie duck

 

 

 

 

 

 

こちらはW Knee タイプになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルチェッカースレキへと一新致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾は勿論Union Specialで仕上げております。

 

 

 

 

 

 

 

次回生産は未定となっておりますので、この機会に是非。

 

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

また、お近くのDealer様へも足をお運び下さい。

 

 

 

 

 

jima

 

 

 

 

 

THE SPEEDWAY DENIM 追加分 予約承ります

 

『HOLLISTER MOTOR CLOTHES』とのスペシャルコラボ企画”THE SPEEDWAY DENIM”

 

発売から一ヶ月に満たない期間で、ほぼ全サイズ、在庫SOLD OUT…

 

予想を上回る反響に感謝しております。

 

 

 

 

現在、数量に限りはありますが、再生産中です。

 

 

共にVINTAGE MOTORCYCLE RACEに熱い想い持ち、それをデニムと言う素材で表現した、このリミテッドモデル。

ディティール説明はこちら

 

 

 

 

 

是非、本物に拘る方に一人でも多く履いて欲しいと思います。

 

気になる方は、原宿”KRAFTY”まで!

 

http://krafty45.exblog.jp/22882180/

 

KRAFTY

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-15-8シャンブル15-107

TEL-03-5411-3767

kraftytokyo45@gmail.com

 

 

egawa

JULY Delivery Items

 

本日は7月入荷予定のアイテムを一部ご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細につきましては後日お知らせ致します。

 

 

今月も楽しみなアイテムが目白押しです。

デリバリーまで今しばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

jima

 

1905 STD BLACKIE DENIM

 

 

オリジナルテキスタイル “BLACKIE DENIM

 

 

 

 

一見、普通のブラックデニムに見えますが、手に取ると表情の違いに気付いてもらえるかと思います。

 

その理由は、糸の染色方法に違いがあります。

 

 

 

右が二年着用の1905 STD

 

縦糸7番を黒の硫化染め、横糸7番は茶色の反応染めで染色。

 

色落ちする硫化黒の芯色の白がうっすら出ながらも、褐色の少ない反応染めの茶色が色味を残します。

 

 

 

 

生地を織ってもらった歴史ある岡山の工場でも初の試みとなり、履き込む事で表情の変わる

 

“黒”生地が生まれました。

 

 

 

 

 

シングルステッチ、チェーンステッチも全て濃茶のコアヤーンで縫製しています。

 

コアヤーンは、ポリエステルの芯に綿を巻きつけたを縫製糸。

 

耐久性と色落ちの風合いを併せ持ち、個所によって糸番手(太さ)を変えています。

 

 

 

 

 

この1905 STD

 

まだまだ履き込んでみたいと思います!

 

 

 

ところで

 

“Blackie”と聞いてピンとくる人も多いでしょう。

 

 

 

音楽、特にロック好きなら、皆このギターの存在を知っていますね。

 

 

56年、57年の3本を分解して最良のパーツで組み上げたストラトは、ギターの神様の長年の愛機でもあり

 

塗装が剥げ木地が現れたボディは、数々の名曲、名演を共にした証しですね。

 

 

 

 

薬物依存治療施設に寄付すべくNYで行ったオークションで、ロック史上のアイコンとなったこのギターは

 

95万9,500ドル(およそ1億1200万円!!!)という前代未聞の記録的金額で落札。

 

 

 

“黒”はいつの時代も魅力があります。

 

 

 

egawa

 

 

Bluesman Hat

 

 

短かめのブリムと深めに被れるシルエットが気に入って

 

愛用している”Bluesman Hat

 

 

 

 

 

ちょっと魔がさして、ガシガシに洗ってみました。

 

 

 

 

ウールフェルトは柔らかくなり、中折れ部を無くすとボーラー型に。

 

ワイヤーの入っているブリムを下げると、アーミーハットっぽくもなりますね。

 

 

 

 

型をつければ元に戻せますが、当面はこのままでいきます。

 

 

 

 

革ジャンを洗ったり、こういった荒療法はあまり全面的なオススメはしませんので自己責任の範疇で。。。

 

型にハマりがちですが、洋服には自由な楽しみ方が色々ありますね。

 

 

 

 

egawa

 

カテゴリー
月間アーカイブ
リンク
RSSフィード