Machine Age Shirts

まだまだ本格的な春到来とはいきませんが、桜の木々が徐々に蕾を付けているのを見ると少しだけ春を感じますね。

店舗から中目黒まで歩いていけるので、お酒でも呑みながら目黒川の桜並木を眺めに行こうかと考えております。

 

 

 

 

本日は、先週入荷しました”Machine Age Shirts“を紹介します。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

生地にはパンツなどでも使われる厚手のコットンツイルを使い、Trophy Clothing定番のワークシャツに落とし込んだ1枚。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8729

 

 

 

 

 

 

 

 

縫製は3本針の環縫いと運針を細かく設定したシングルステッチで仕上げています。

運針を細かくする事でパッカリングが生まれ、着込む程に雰囲気が良くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8727

 

 

 

 

 

 

 

 

襟元の仕様は、昔のワークシャツに多く見られたチンストラップを採用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8730

 

 

 

 

 

袖口のディテールはボタンを締める事で風やホコリなどの侵入を防いでくれるストームカフスに。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8734

 

 

 

 

 

 

右ポケットにはペン差しと大きめのポケットを配置し、左ポケットには汗の湿気から煙草を守るフラシポケットを付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8735

 

 

 

 

 

 

 

 

フラップの付いている左ポケットのボタンには、オリジナルの刻印が入ったラッカー塗装のメタルボタンを使う事でアクセントになっています。

 

 

 

 

 

 

IMG_8792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリングするアイテムもワーク色が強い物を合わせるがお勧めです。

個人的にかなり気に入っている”91-B Pique JKT“と”1504 Authentic Denim Early“との合わせはかなり相性が良いです。

BeigeのJKをもってくる事で、渋い色味のシャツがかなり映えますね。

 

 

 

 

 

 

是非、ワードローブに1枚加えてみてはいかがでしょうか。

その他シャツも揃えておりますので、お時間がある時に遊びに来て下さい。

 

 

 

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされますので是非、足を運んでみてください。
オンラインストアにもアップしますので、お忙しい方はこちらもご利用ください。
SHIGE

 

 

 

 

 

 

Weekend Delivery

最近は気温も上がってきて、春の足音が次第に大きくなっていますね。

できれば、このまま暖かくなってほしいものです。

 

 

 

 

 

さて、本日は今週末に入荷いたしますアイテムを、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201-白

201-黒

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツ

 

 

 

 

 

 

 

Volume Cotton Crew Tee

国内生産のオリジナルクルーTeeです。

昨シーズンにリリースしたアイテムをアップデートさせました。

柔らかく厚みのある上質なコットンを使用し、伸びにくいバインダー始末は今回からネック2本、ボディ1本を加えた3本ステッチで補強。

着込んで首回りがゆるくなるのを考慮し、やや首回りの天幅をタイトにしています。

身頃は脇に継ぎ目のない筒状に編んだ丸胴です。

着丈は裾がもたつかないように適度に短くし、身幅をやや絞っています。

着心地の良さとシルエットの美しさを兼ね備えた一着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

202-白

 

 

 

 

 

 

 

 

202-黒

 

 

 

 

 

 

ポケT

 

 

 

 

 

Volume Cotton Pocket Tee

こちらは同素材を使用したポケットTeeになります。

左胸に配置したポケットは実用的でありながら、デザインとしても楽しんで頂けます。

愛煙家の方にはポケットタイプがよく好まれます。

 

 

 

 

 

 

 

203-白

 

 

 

 

 

 

 

203-黒

 

 

 

 

 

ヘンリー

 

 

 

 

 

 

 

Volume Cotton Henley Tee
こちらはヘンリーネックタイプになります。
袖口と衿周りはフライスで切り換えてダブルステッチで伸び止めしたボタンヘンリータイプ。
ボタンにはオリジナル刻印入り猫目ボタンを使用しております。
オープンカラーシャツなどとの相性は抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

wool-hat-Black

 

 

 

 

 

 

 

 

Wool-Hat-Brown<

 

 

 

 

 

 

IMG_8781

 

 

 

 

 

 

 

 

Wool Pork Pie Hat

帽体はやや浅め、ブリム幅をやや広めにした上質かつクラシカルなウールポークパイハットです。

サテン裏地と組み合わせた天部の透明シートは、ポマードでウールがベタつかない様に配慮した作りになっております。

インナーにはACEロゴが入り、サテンテープもやや細めに設定しています。

Bebop Pripela Jacket”や”Pioneer Suck Coat“などと合わせてクラシカルなコーディネートをして頂くのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

Army-Green

 

 

 

 

 

 

 

 

Army-3

 

 

 

 

 

Army-②

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8776

 

 

 

 

 

 

 

Army Beanie
帽体を浅めに設定した折り返りの無いコットンビーニーです。
天頂部は角が出ないよう6カ所のダーツを取り、編み立てを変える事でデザインアクセントにもなっています。
やや硬さのあるコットンは被るほどに頭の形に馴染みます。
カラーは、バリエーション豊富にご用意しましたので様々なスタイルに合わせて頂けるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カットソーは、まだ気が早いという風に思われる方もいらっしゃるかと思いますが春はもうすぐそこまで来ています。
そして短い春を終えれば当たり前のように夏がやってきます。
なるべく準備はお早めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社Dealer様にもデリバリーされますので是非、足を運んでみてください。
オンラインストアにもアップしますので、お忙しい方はこちらもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jima

Ashtray 製作記

昨夜は、TROPHY GENERAL STOREを作ってくれた”WARLOCK“、そして電気全般を担当してくれた”ノブデン”と仕事終わりにナイトラン。

 

IMG_1193

 

Lキャブでドーピングした47クロマティ。

 

いつ、どこを一緒に走っても楽しい二人。

深夜にデカいステーキを食べて、馬鹿話で2時間盛り上がる。

 

ニュートラルに戻れる、こんな時間がとても大切ですね。

 

 

 

今日は、リリースからコアなお客様に好評を頂いているブラス(真鍮)”Trophy Ashtray“をあらためて紹介。

 

こちらも付き合いの古い単車乗りのおかげで、カタチにする事が出来ました。

 

 

IMG_8162

 

ヒルクライムイべントのトロフィーをモチーフにした重量感のあるブラスアシュトレイ(灰皿)。

 

デニムパンツやジャケットを作る上でも、生地、付属選び、型紙製作、サイズグレーディング、縫製、仕上げと数多くの工程を踏みます。

 

が、立体物となると完全に別の畑。

今回のサンドキャストは大変勉強になりました。

 

既存のアリ物があって、型を抜く訳ではないので、いきなりハードルが上がります。

まず、徹底的に各部の寸法を出して仕様書を起こし木型を製作。

 

 

1507129_842244575851122_8354967012380562779_n

 

1505139_842244602517786_8129031784680400366_n

 

10402437_842244589184454_7359084517673362702_n

 

立体物は形にした時にイメージが変わりやすいのが難しいところ。

 

何回も打ち合わせ、細かな角度調整を繰り返しました。

今回、作り直す事、なんと5回!!

 

コストが頭をよぎりますが、どうしても作りたかったので突き進みます。

完全に後には引けません。

 

 

納得のいく型が完成したら、真鍮で製作します。

 

10385549_871161872959392_5355353355485925165_n

 

10942424_871161902959389_8081580345765453874_n

 

ついに、真鍮カップが姿を現しました!

服のサンプルが上がる時とはまた違ったドキドキ。

 

 

バリを取り、ここからが重要な磨きと文字入れ。

 

昔ながらのサンドキャスト特有の凹凸感を残しながら手作業で磨きを掛けます。

ピッカピカのギラギラは嫌なので、ポリッシュの加減が重要です。

 

10959566_881891931886386_7222256197958102936_n

 

 

文字入れとナンバーリングも手作業で一つずつ丁寧に加えます。

それぞれ表情が異なるのも魅力ですね。

 

 

 

別パーツの火消し棒を取り外し可能にする為、本体にネジを切って取り付けます。

これもセンターがズレないよう、当然の如く慎重に行います。

 

 

10523840_881891961886383_3146841848053014916_n

 

 

 

 

手間と時間、そして沢山の思いが詰まったTROPHYが完成。

 

全ての量産が完成した時の興奮は忘れられません。

 

モノ作りに大変さは付きもの、でもそれ以上に楽しく完成時の喜びは何物にも代え難いです。

 

また、人との繋がり、協力によって生み出されたモノは、長く使い続けられる魅力を持ちます。

 

 

自慢の一品。

是非、店頭で見てください。

 

 

Trophy Ashtray

 

 

 

 

 

egawa

 

G4 Driving JKT

北陸新幹線と上野東京ラインと2つのラインが同時に開業をしました。

東京〜金沢間が2時間半で移動出来る様になり、遠方までの旅行がより身近になるのを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

日帰り旅行なども難しくなさそうなので、機会があれば是非使ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は新商品の“G4 Driving JKT”をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

数多くの有名人が愛用していた事で知られる”バラクータ”のスウィングトップ。

日本では高倉 健がよく愛用している事で知られていますが、やはり一番印象に残っているのが”スティーブ・マックイーン”ですね。

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

まさにこのスタイルが思い浮かぶかと思います。

 

 

 

 

 

87163789

 

 

 

 

 

 

今季展開しているアイテムは、写真でも着用している代表的な”G9”ではなく、見た目の外見はそのままに袖口と裾がリブ仕様ではない”G4″をベースにアレンジを加えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8688

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表地には細畝のコードレーンを使い、渋い色味のBrown,Navyを選ぶことで土臭い雰囲気を演出しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8687

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏地には代表的なタータンチェックではなくダークトーンのオンブレチェックを採用し、トラッドな雰囲気を持たせながらも無骨なイメージを演出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはSBF Deluxe Indigo Shirtsなどのシャンブレーシャツをタックインし、フロントを閉めるスタイリングがお勧めです。

パンツにはAuthentic Denim Standardを選ぶ事で、キレイ目になりすぎないバランスで着こなし出来ます。

靴はポストマンやサービスシューズなど合わせても良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春物のアイテムが並び始め、ショップの雰囲気も少しずつ変わってきています。

これから春物の準備をする方などもいるかと思います、是非お時間がある際には足を運んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dealer様にもデリバリーしておりますので足を運んで頂ければと思います。

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHIGE

SBF CYCLE JACKET

本日はデリバリーしたばかりのアイテムの中から今季を代表する一着をご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SBF Cycle Jacket

87163944

 

 

87163944_o1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セーラークロスを使用した2トーンのスイングトップになります。

 

 

 

適度にハリがありながらも光沢感を排除した生地を使用。

ウォッシュをかけてありますのでヴィンテージのような風合いを楽しんで頂けるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

87163944_o2

 

IMG_8653

 

 

 

 

 

 

 

 

背面には架空のモーターサイクルクラブ”Silent Blue Fellows”ロゴが入り

前面の左胸にもイーグルモチーフのロゴが入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントはどちらもクラックプリントとなりますので着込むほどに風合いが増し、自分だけの一着となっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジッパーはロック式のWALDESを使用。

勿論、細部にもぬかりはございません。

 

 

 

 

 

これからの季節には非常に重宝する一着に仕上がっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にスタッフのコーディネートをご紹介致します。

 

 

 

 

 

IMG_8658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インナーに4月デリバリーのプリントTee、パンツには“45 Civilian Trousers” を合わせ

足元もレースアップのワークブーツにすることでモーターサイクルのイメージに傾倒しすぎないコーディネートになっております。

 

 

 

 

背面にMCとロゴがあります故、バイクに乗っていないと…等と思われる方も

このようなコーディネートであれば気兼ねなく着て頂けるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは先程とは対照的にモーターサイクルを意識したコーディネートになります。

 

私イチオシの“1505 Authentic Denim Standard”に新作の“Machine Age Shirts”  これまたお気に入りの“Watchman Cap”

デニムにエンジニアブーツ、ワークシャツにニットキャップ、そしてスウイングトップ

いわゆる定番コーディネートです。

 

気兼ねなく洗って頂き、粗野な印象を一層強めてラフに着用して頂くのが私のオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご紹介したアイテムは本日デリバリーとなっております。

 

週末も皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

遠方の方は弊社Dealer様へ足を運んで頂ければと思います。

お忙しい方はオンラインストアもご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jima

カテゴリー
月間アーカイブ
リンク
RSSフィード