Suede Army Hat

 

好評につき、入荷からあっという間に残りわずかとなった

 

Suede Army Hat

 

シルエットの良さが自慢です。

 

 

1220IMG_7312

 

 

World War II 時代のヴィンテージを参考にしたブリム(つば)が広めの1stサンプルは、嫌いではないけれど、探検家ハットな仕上がりでした。

 

 

表革に比べ、厚みとしなやかさを持つカウスウェード地は、デニムやヘリンボーンで製作するよりボリューム感が出るので、ブリムは適度に短かく、深さも浅めに設定。

 

シルエットを徹底して見直し、良いバランスに仕上りました。

 

 

1219IMG_7290

 

 

1219IMG_7292

 

 

過去にも何度かリリースしているアーミーハット。

 

頭部の切り替えは4パネルや8パネル等、色々つくりましたが、一番丸みが綺麗な6パネルに落ち着いています。

 

ベンチレーションホールを開けて、ベルト帯部分は細めの仕上がり。

 

 

1219IMG_7291

 

 

1220IMG_7314

 

 

 

古い写真集を見るとワークキャップやハット以外に、こんなスウェードハットを被っている粋なワーカーが存在しました。

 

ミリタリージャケットやカバーオール等は勿論、タイドアップしたテーラードに合わせても良いですね。

 

 

どのカラーも捨て難いです。

 

 

Suede Army Hat

 

 

 

 

egawa

Nevada Coat

 

General Storeでは、12種類から選べる本格ドリップコーヒーをサービスさせて頂いております。

 

グリーンマウンテン、ドーナツショップ、タリーズ、カリブー、ティモシー…。

 

毎日飲んでも飽きないくらい、色々あります。

 

1218IMG_7303

 

 

寒い日が続きますが、ゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

 

 

 

さて、今季のイチオシでもある”Nevada Coat

 

残り僅かとなりました。

 

 

83770099_o1

 

 

 

 

83770099_o2

 

 

身頃と袖のボーダー位置を決め、裁断、縫製を行っています。

 

 

柄位置の指定は生地容量も掛かりますが、ボーダーが最も効果的なデザインになるよう配置しました。

 

 

83770099_o3

 

ウエストベルトは着脱可能なので、お好みでご使用下さい。

 

 

裏面はミックスウール、袖裏は生地のもたつきを軽減すべくカツラギツイルで切り替えています。

 

 

裏地の裾は縫い付けず、振らしになっています。

 

フローティングした裏地の裾始末は30’s ジャケットに頻繁に見られる箇所ですね。

 

 

 

 

このコートと相性が良いのが

 

アーミバスク“と”Ace マフラー

 

今季のマフラーはネバダコートやワークジャケット、レザーと合わせれるようにしています。

 

1219IMG_7294

 

 

 

 

アウターを企画する時は、アイテムが定まったら、着用時の全体イメージを脳内会議。

 

そしてそれに合うテキスタイルとディティール、パターンを熟考します。

 

ただこのネバダコートの場合は違いました。

 

まずテキスタイルありきで、アイテムを決めイメージを具現化しました。

 

 

1204-2014-11-18-12-15-25

 

 

こちらは長年集めて来たミリタリーJKTとレザーJKTのアーカイブ達。

 

 

愛用しているマッキーノのシルエットを修正し、他のJKTから好みのディティールをミックスして仕上げています。

 

 

1204-2014-11-18-12-14-56

 

 

このコートは私自身も本当に気に入っています。

 

 

 

ネバダ

 

 

 

サンプル修正を重ね、シルエットは3回目で納得いくものが出きました。

 

是非、冬のワードローブに加えてください。

 

 

 

Nevada Coat

 

 

 

 

egawa

 

The Gauntlet

今日は寒いです。

 

例年より早く降雪に見舞われている地域が多いですね。

 

季節と天候問わずバイク通勤なのですが、この時期の強い味方がこれです。

 

写真 2014-12-13 13 41 15

 

 

The Gauntlet グローブ

 

寒冷地仕様グローブの名の通り、防寒に対するこだわりが詰まっています。

 

初期モデルから数える事、現在は3双目を愛用中。

 

12月〜3月くらいまでは、毎年使っています。

 

ロング、ショート、ストリートの3種類を展開。

 

 

846294147

 

 

1215IMG_7287

 

 

Long タイプ

 

 

 

 

 

84629965

 

 

1215IMG_7281

 

 

Short タイプ

 

 

 

 

84630724

 

1215IMG_7285

 

 

Street タイプ

 
それぞれ内側には、イギリス製ハイテク素材「ポーレル」を全面に配し透湿効果と共に防風・防水を実現。

 

 

84630724_o1

 

 

 

暖かさを各補する為、ウレタン綿と旭化成の新素材「サーモギア」(発熱ボア)を使用。

 

 

84629447_o2

 

手の平の部分は操作性に配慮し保温性に富み肌触りの良いベンベルグを使う等、経験に基づいた確かな作りになります。

 

縫製は、強度の高いボンド糸を使用したハイブリッドなグローブです。

 

 

 

どのモデルも捨て難いのですが、私はロング派。

 

 

1215IMG_7272

 

 

長いカフスでジャケットの袖もスッポリ、袖口からの風の進入をストップします。

 

 

84629447_o3
 

ロングタイプのみ左手側にコインやチケット、スモールパーツが収納可能なジップを装備しています。

 

 

 

1215IMG_7265

 

ここ最近はもっぱら、Storm Vestをインナーに着てB-29を羽織っています。

 

そして、視野は狭いけど大好きな初期のBell Star。

 

この時期のみしか着ないアウターやギアを選ぶのも、四季の楽しみ方ですね。

 

 

 

The Gauntlet グローブ

 

 

 

egawa

New Arrival

HRCSも無事に終わり、今年も残り3週間をきりました。

クリスマス前に、店頭でもプレゼントをご購入されに来るお客様も増えております。

 

 

本日は来週火曜日に入荷する商品をご紹介します。

 

 

 

Ace Wool Muff

 

 

マフラー-黒

 

 

 

 

 

マフラー-ネイビー

 

 

 

 

ふっくらと柔らかい質感の縮絨(しゅくじゅう)ウールマフラーです。

洗いを掛け,しっかりと縮める事で、密度のある詰まったウール素材に仕上げました。

プレーンのタイプはスタイルを選ばず気軽に使えるアイテムとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

Ace Moon Muff

 

 

 

マフラー-ハウンド

 

 

 

 

 

マフラー-マドラス

 

 

 

 

 

 

イギリスの老舗ファブリックメーカー”Moon”社の上質ウールを使用したマフラーです。

ざっくりとした素材感、派手さを抑えたダークトーン配色が魅力的なチェックとハウンドトゥースを使用しております。

シンプルになりがちな、冬のコーディネートのアクセントになってくれる1枚です。

 

 

 

 

納品が遅れておりました、Suede Army Hatも15日デリバリーされます。

気になっていた方もいらっしゃると思います、お待たせ致しました。

 

 

 

 

スウェードハット-Brown

 

 

 

 

 

1220IMG_7290

 

 

 

今回はAce Moon MuffのBrown/Cを使用してのスタイリングをご紹介します。

明るめのチェック柄なので、それ以外のアイテムをダークトーンに揃えました。

ちなみにスタイリングで使っている A-1 Jacktは1月発売予定となっております、店頭にはサンプルもありますので気になる方はお声掛ください。

 

1220IMG_7187

 

今回のデリバリーのアイテムはプレゼントにも最適なアイテムとなっておりますので、

ラッピングなどのご要望があれば出来る限りやらせていただきますのでご相談ください。

 

 

 

 

各Dealer様にもデリバリーされますので、是非足を運んで見て下さい。

オンラインストアもデリバリー後UPしますので、遠方の方などはそちらをご利用いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

SHIGE

Sign painters and travellers have leave to lie

TROPHY GENERAL STOREは、オープンから早3ヶ月。

H.R.C.Sを終えた今週は、国内外から沢山の方々に足を運んで頂きました。

 

 

SHOPの大きなウインドーに入るゴールドサインと看板に注目をされる方が大変多いです。

それもそのはず、サインペインターは大原のGENERAL STORE同様、NUTS ART WORKS。

 

 

TROPHYのショップサインは、この人以外は考えられないっていう位、センス、技術、人柄、どれをとっても好きな人です。

 

 

そして、そのNutsさんが15年の作品を一冊の本にまとめました。

 

“Sign painters and travelers have leave to lie”   写真 2014-12-04 16 04 32

シリアルナンバー入りの本書ですが、NUTSさんから受け取ったのが

二人の共通点でもある “101”

 

とても嬉しいですね。

 

写真 2014-12-04 16 09 33

 

写真 2014-12-09 20 00 07

見応えは充分すぎて、時間を忘れる程、見入ってしまいまいました。

 

今や一般化しつつある、アーリーアメリカンスタイルのサインペイント。

しかし、どの世界でも第一人者は、一味も二味もレベルが格段に違います。

 

 

説明する必要のない魅力。

 

本や写真集が大好きな私ですが、

 

生涯、見続ける一冊が増えました。

 

http://www.nutsartworks.com/

 

 

 

TROPHYのサインも、共に月日を重ねていく事でしょう。

 

 

 

 

egawa

カテゴリー
月間アーカイブ
リンク
RSSフィード